経済指標発表後のバイナリーオプション攻略法

経済指標発表後のバイナリーオプション攻略法

バイナリーオプションをうまく活用するには、投資するタイミングが非常に重要です。

重要な経済指標が発表されると、相場の動きが大きく変わることが珍しくありません。

ですから、大きく値が動く発表直後を待ち構えてバイナリーオプションを活用すれば、1回の投資で大きく利益を得ることも可能です。

たとえば長くドルの下降トレンドが続いていたのに、GDP統計や雇用統計などで“前向きな結果”が発表されると、為替が急上昇する傾向が強いです。

そしてその中でも為替相場が一番大きく動くのは、経済指標の発表直後です。

世界中の為替投資家たちは、日々漠然と通貨を売り買いしているわけではありません。

「なるべく大きく株価が上がるタイミングで買いたい」
「できる限り株価が下がった時に売りたい」

と、つねに利益を最大化できるタイミングを狙っています。
その最大のチャンスが、経済指標直後なのです。

世界中の投資家達が、一斉に動くわけですから、発表からわずか1秒足らずで一気に相場が数十銭も動くことが珍しくありません。

その瞬間こそ、バイナリーオプションでハイリスク・ハイリターンの投資を狙う方にとっては絶好の投資チャンスと言えるでしょう。

でも、だからといって常に経済指標等のニュースを探してチェックするのは大変ですよね。
バイナリーオプションでは取引ツール等で重要な経済指標の発表日時を事前に確認できますので、それさえチェックしておけばタイミングを逃す心配は不要です。

投資で一攫千金を狙う方はバイナリーオプションの取引ツール情報を駆使し、タイミングを見計らって利益をあげることをおすすめします。

政策金利変更時のバイナリーオプション攻略法

では具体的に為替相場が大きく動く、注目すべき経済指標はなんでしょう?

そのひとつが、政策金利です。政策金利は、それぞれの国の中央銀行(日本では日本銀行)が定期的に開く金融政策会合によって決定されます。国の経済状況を判断しながら「利上げ」をするか「利下げ」をするか、または「利上げ見送り」をするかのいずれかを決めるのです。

政策金利の見直しが発表されると、その国の通貨が大きく動きますので、発表前後は絶好の取引チャンスといえます。

特に米国の政策金利は「FFレート」(フェデラル・ファンド・レート)と呼ばれ、米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)が原則年8回開催する連邦公開市場委員会(FOMC)において見直され、一番注目すべき政策金利です。
2017年現在、FFレートは年0.75%になっています。

FFレートに対し、ユーロの政策金利は、ユーロ圈の中央銀行である欧州中央銀行(ECB)の月例理事会で、ポンドの政策金利は、インプラント銀行(英国の中央銀行)が毎月開催する金融政策委員会で見直されます。

こういった金融政策の決定時期もバイナリーオプションの取引ツールなどで事前に確認することができますので、動向をチェックしてベストなタイミングで投資をしましょう。

雇用統計発表時のバイナリーオプション攻略法

その他の注目すべき経済指標は、雇用統計です。

では、雇用統計発表時にたくさん買い込めば、絶対に成功できるかというと、残念ながらそうではありません。たとえ雇用への“前向きなサイン”が出ても、為替相場が上がるとは限らないからです。

米国の雇用統計は、原則、毎月第2金曜日のニューヨーク時間8時30分(日本時間21時30分、冬時間の時期は22時30分)に前月の統計結果が発表されます。

発表と同時に「ドル/円」が数十銭単位で大きく動くことはよくありますが、瞬間的に大きく動いても、すぐ元の水準まで値を戻すことも少なくありません。
ですから、チャートで値動きの方向や勢いを見ながら為替の行方を判断する必要があります。

前項で簡単に説明しましたが、失業率の数値が前月に比べて下がったり、非農業部門雇用者数変化か増加した場合、投資家は米国経済にとっで前向きなサインであると判断します。

しかし、前述したとおり、前向きなサインが現れたからといって、必ずドル値が上がるわけではないのです。

なぜなら金融機関や研究機関などが事前に発表する雇用統計予想に比べて悪い数値となった場合は、失望から「ドル売り」をし、逆に“後ろ向きの数値でも事前予想値を上回っていた場合は、サプライズから「ドル買い」をする傾向があるからです。

発表と同時にドル相場が大きく動く可能性は高いのですが、予想値を発表値が上回るか下回るかを予想するのは至難の業です。

ですから、分からなければドルも円も同時に買って、どちらかで当てる戦略を立てるのもいい方法と言えます。

ハイローオーストラリアは海外の短期売買が可能な取引所ですが、こちらの管理者さんは非常に上手だなと思います